Blog&column
ブログ・コラム

子供の写真への苦手意識を軽くするには

query_builder 2022/07/03
コラム
48
誰もが手軽に写真を撮れる時代になった今でも、「写真が苦手」というお子さんも多いようです。
パパやママがスマホを向けると逃げてしまうようなお子さんは、どうしたら写真に写ってくれるのでしょうか。
今回は、写真が苦手な子供への対策について解説します。

▼どうして子供は写真が苦手?
実は、子供が写真を苦手になる原因には以下のような親御さんの行動が関係していると言われています。

子供の気持ちに反して写真を撮ろうとする
・笑顔を強制する

親御さんとしては当然、お子さんの可愛い姿を写真に残したいと思って一生懸命になり、上記のような行動をするわけですよね。
でも子供としては「今は笑いたくない」「写真に撮られたいわけではない」という気持ちを無視されることになるので、「写真=苦痛」という考えになってしまうようです。

子供に苦手意識を与えないためには
お子さんが写真を苦手だと思わないようにするには、あくまで自然に写真を撮ることが大切です。
子供の動きを止めて写真を撮るのではなく、お子さんが好きに遊んでいる姿をナチュラルに捉えて撮影したり、親御さんも一緒に遊びながら写真を撮るなど、お子さんに負担を強いないようにすれば徐々に写真への苦手意識は薄れていくでしょう。

■プロのカメラマンなら自然な写真撮影が可能
写真がどうしても苦手なお子さんでも、プロのカメラマンなら自然な姿を撮影することができます。
どのようにすれば子供がリラックスできるかを熟知していますので、お子さんも喜んで写ってくれることでしょう。
HIRO FILMでも、出張撮影のカメラマンが随時ご依頼をお受けしています。
成長の記録を綺麗に残したい場合など、ぜひご検討ください。

▼まとめ
子供は、一度苦手意識を持つとなかなか忘れてくれません。
ぜひ小さなころから「自然な撮影」を心がけて、お子さんに写真好きになってもらえるようにしていきましょう。

NEW

  • かぞく写真への想い/大阪での出張撮影ならHIRO FILM

    query_builder 2021/03/31
  • 写真写りが悪い原因とは?

    query_builder 2022/08/01
  • 子供の写真への苦手意識を軽くするには

    query_builder 2022/07/03
  • プロと素人の写真の違いとは?

    query_builder 2022/06/05
  • 写真をセルフで上手に撮るためのコツとは?

    query_builder 2022/05/03

CATEGORY

ARCHIVE