Blog&column
ブログ・コラム

運動会の写真の撮り方

query_builder 2021/12/01
コラム
37
運動会当日、子どもの活躍する姿をたくさん写真に撮ろうと張り切っても、いざとなるとうまく撮影できないということは少なくありません。
運動会で活発に動く子どもを撮る場合にはどうしたらいいのでしょうか。

▼動く子どもにピントを合わせる方法
運動会に参加している子どもはとにかくいつも動き回っています。
動く子どもにピントを合わせることが難しく、終わってみたらピンボケの写真ばかり…ということも。
動いている子どもにピントを合わせるためには、ほとんどの一眼カメラに付いているシャッタースピードという機能を使います。
シャッタースピードを速めに設定することで、動く子どもにピントを合わせ、ブレの少ない写真を撮ることができます。
カメラの説明書に従ってちょうどいいシャッタースピードを設定し、運動会当日までに練習しておくことをおすすめします。

▼1枚だけ撮るのではなくたくさん撮る
シャッターチャンスを狙って写真を1枚だけ撮影しても、運動会で活躍する子どもの写真はいいものを撮れません。
特にリレーやかけっこでは子どもの出る競技や順番をあらかじめ聞いておき、ちょうどいい場所で待ちましょう。
子どもが近づいてきたところで連写をすれば、たくさんの写真の中に魅力的な写真が撮れているはずです。
また、しゃがんで子どもと同じ高さで撮影をすると、子どもをスタイル良く写すことができます。

▼まとめ
運動会で子どもの写真を撮る場合、動いている子どもにピントを合わせるためにシャッタースピードを速めに設定しましょう。
リレーやかけっこで走る子どもを写す場合は連写をするのがおすすめです。

NEW

  • かぞく写真への想い/大阪での出張撮影ならHIRO FILM

    query_builder 2021/03/31
  • 記念写真をより自然体で

    query_builder 2022/01/15
  • 記念写真で見映えのするポーズを

    query_builder 2022/01/01
  • 記念写真にはアイテムも一緒に写そう

    query_builder 2021/12/15
  • 運動会の写真の撮り方

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE